骨の三大学会

日本の骨の三大学会は、春の「日本骨形態計測学会」、夏の「日本骨代謝学会」、秋の「日本骨粗鬆症学会」なのですが(三大夜景みたいな言い方しましたが、私たちが勝手に言ってるだけかもしれません)、
今年は、そのうちの2つが長崎で開催されます。

来年から、日本骨代謝学会と日本骨粗鬆症学会は、合同開催されますので、大都市でしか開催されません。
よって今年は、地方都市で開催される最後の年となります。
学会で知らない土地に行けるのは楽しみの1つなので、個人的には悲しいですね。

日本骨代謝学会@長崎は、ついに10日後となりました。
ホームページはこちらLink 。プログラムはこちらLinkこちら(pdf)Link
会長は、長崎大学 細胞生物学分野 教授で、長崎大学副学長の 小守 壽文 先生です。

僭越ながら、7月26日(木)にランチョンセミナーの講師をさせていただくことになりました。
タイトルは「HR-pQCTによる骨代謝疾患の病態解析」
骨代謝学会は臨床医も参加しますが、基本的に研究者の学会ですでの、ハードルがやや高めで、
スライド作りにちょっと苦しんでおります。。


2018-07-15090027



— posted by 千葉恒 at 08:50 am   commentComment [0] 

長尾教授来訪

米国留学中にたいへんたいへんお世話になったUCSFの長尾教授が長崎に来訪してくれました。

長尾教授は、札幌医大卒の整形外科医で、米国留学後に医師免許を取得し、現在、UCSF(University of California, San Francisco)San Francisco General Hospitalの整形外科でリハビリ医として勤務されています。
日本とUCSFの架け橋として活躍されており、多くの日本の整形外科医が、長尾先生を介して、施設見学や留学などをしています。

私自身は、2011〜13年の留学時に、とってもお世話になり、長尾先生を中心に、UCSFに留学している日本人整形外科医の集まりLink を、東大の森岡先生、兵庫医大の圓尾先生と立ち上げて、定期的に勉強会や食事会を開催していました。

今回、長尾先生は、日本リハビリテーション学会@福岡に参加され、その後、長崎に立ち寄ってくれました。
私たちのリクエストで、医局で「日米の医学教育、医療の違い」に関する講演会をしていただきました。盛り上がりまして、50分の講演の後、30分近く質疑応答が続きましたね。

ちなみに、長尾先生は、2018年7月1日付で、准教授から教授になったそうです。おめでとうございます!
またサンフランシスコにお会いできる日を楽しみにしています。


IMG_1155



IMG_1159



— posted by 千葉恒 at 09:01 am   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0543 sec.

prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31