Black教授 再会

SFではさらに、Black教授との再会を果たせました。

Black教授は、骨粗鬆症の疫学(Epidemiology)で高名な先生で、佐田先生(Kiyoshi)が作ったコネクションで、先月、長崎に来ていただいたばかりでした。

今回は、オフィスを訪問し、さらに自宅でディナーに招待していただきました。長崎でのオモテナシが大変印象深かったようで光栄です。

UCSF Epidemiology and Biostatistics は、私が働いていたビルの横に新しく建ったビル(Mission Hall、写真を撮り忘れたので、昔とった分をアップします)にあるのですが、見学させていただいたところ、その人的資源の規模の大きさに驚きました。
広いワンフロアの全てを占めており、壁にデスクと顔写真の配置図がありまして、数えたところ、、110名。

疫学者、統計家、事務員で構成されています。しかしデータ収集はこの人たちがしているわけではないんです。全米の施設で得られたデータが送られてきます。うーん、、何でしょう、この日本との差は、、

その夜は、バークリーの高台にあるご自宅にお招きいただき、ディナーを振舞っていただきました。テラスでBBQをしていただきましたが、アメリカでのBBQ体験の中で、最も美味しかったです。NYな味のないパサパサではないです。脂リッチで美味でした。

別件でSFに来ていた尾崎教授も合流していただき、トータル6人で楽しい会話ができました。長崎で進行中の骨粗鬆症薬のHR-pQCT臨床試験にも、大変興味をもっていただき、データがそろった際は、相談させてもらえそうな感じです。NEJMを7本通した超実力者ですので、頼もしい限りです。この縁を大事にしたいです。Kiyoshi、グッジョブ。

IMGP2303



IMG_0563



— posted by 千葉恒 at 04:32 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0226 sec.

prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30