ASBMR 2016

みなさま,ご無沙汰しております.
久しぶりのブログ更新です.

ASBMR (北米骨代謝学会)のために,アトランタに来ております.
長崎大学からは千葉先生2題,岡崎1題,佐田先生2題(うち1題はUCSFから),横田先生1題のHR-pQCTを用いた研究のポスター発表を行いました.
ポスターセッション中は,自分のポスターの前で質問を受けるという形です.
UCSF時代の同僚との再会もあったり,思わぬ大御所の先生からの質問を受けたりと,とても有意義な時間になりました.

長崎大学整形外科は2015年7月に日本で初めてHR-pQCTを導入し,早いもので1年ちょっと経過しました.
私が現在行っている「健常人における骨微細構造の解析」は皆様のご協力のおかげで,先日被験者の数が100人を超えました.
目標の症例数は3年間で500人ですので,まだまだ症例数が足りない状況です.
ご自分の骨密度を測ってみたい方や,お知り合いの方で興味をお持ちの方がおられましたら,ご紹介いただければ幸いです.


IMG_8495




2016-09-18223315



2016-09-18223643



— posted by 岡崎成弘 at 11:09 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. kazico — 2016/09/23@17:57:57

皆さんしっかり発表されたようで何よりです。

気を付けて帰ってきてくださいね。

2. おかざき — 2016/09/24@03:24:16

kazico先生

ありがとうございます.
今からサンフランシスコを発ちます.
肘の発表は大好評で,みなさん興味津々なようでした.

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.5028 sec.

prev
2016.9
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30