[ カテゴリー » 研究 ]

ASBMR 2016

みなさま,ご無沙汰しております.
久しぶりのブログ更新です.

ASBMR (北米骨代謝学会)のために,アトランタに来ております.
長崎大学からは千葉先生2題,岡崎1題,佐田先生2題(うち1題はUCSFから),横田先生1題のHR-pQCTを用いた研究のポスター発表を行いました.
ポスターセッション中は,自分のポスターの前で質問を受けるという形です.
UCSF時代の同僚との再会もあったり,思わぬ大御所の先生からの質問を受けたりと,とても有意義な時間になりました.

長崎大学整形外科は2015年7月に日本で初めてHR-pQCTを導入し,早いもので1年ちょっと経過しました.
私が現在行っている「健常人における骨微細構造の解析」は皆様のご協力のおかげで,先日被験者の数が100人を超えました.
目標の症例数は3年間で500人ですので,まだまだ症例数が足りない状況です.
ご自分の骨密度を測ってみたい方や,お知り合いの方で興味をお持ちの方がおられましたら,ご紹介いただければ幸いです.


IMG_8495




2016-09-18223315



2016-09-18223643




— posted by 岡崎成弘 at 11:09 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

韓国 Live surgery

2015-11-20171515-1


 11月20日から11月22日まで韓国の馬山にあるMurup Hospitalに行ってきました.
この病院で,米倉先生が脛骨顆外反骨切り術 (TCVO)のLive surgeryをされるとのことで,そのかばん持ち 兼 助手として連れて行ってもらいました.TCVOは長崎発祥の術式であり,近年,日本の各地で注目され始めています.

 馬山は釜山から車で30分くらいのところにあります.Murup Hospitalに到着すると,病院の玄関にデカデカとLive surgeryの広告が貼ってあり,「A. Yonekura」の名前が! 
Murup HospitalはDr. JungのPrivate Hospitalで,ここで毎年,Live surgeryを行っており今回で8回目を迎えました.Dr. Jungの専門は膝関節で,今まで7000例以上のTKAをされたそうです.

 韓国に着いた日の夕方に高位脛骨骨切り術(HTO)の手術見学をさせてもらい,HTOの術中合併症の一つであるLateral hinge fracture (LHF)を起こさないための工夫を教えてもらいました.また,LHFは,術中の透視や術後X線ではわからないこともあるので,術後5日目にルーチンでMRIを撮影しているそうで,とても参考になりました.LHFの発見には,CTよりもMRIの方が感度が高いとのことでした.
 
 そして,翌日,いよいよLive surgeryの日.
 米倉先生には手術に集中してもらうため,手術手順などの説明は僕がすることになりました.手術手順を前日までに英訳し,暗記していきました.前日の飛行機の中で秋田大学の斎藤先生にチェックしてもらったおかげで,内容をよりわかりやすく変えることができました.(斎藤先生,ありがとうございました!)
 Live surgeryの枠は1時間30分と限られており,海外で手術をする,しかも今までに経験したことのないLive surgeryという重圧の中でしたが,米倉先生はいつも通りの落ち着いたメスさばきでした.TCVOにHTOを追加するというやや複雑な手技になりましたが,手術は無事に終わりました.
用意していった原稿の1/4も話すことができませんでしたが,TCVOの手術について,韓国の先生たちにも理解していただけたかと思っています. 
 
 貴重な経験をさせていただいた,Dr. Jung,米倉先生,そして応援してくださった日本から参加された先生方,本当にありがとうございました.


2015-11-20192935



NONALNUM-MjAxNS0xMS0yMTE0LjM5LjUw44Gu44Kz44OU44O8-E



NONALNUM-MjAxNS0xMS0yMDE5LjUzLjQx44Gu44Kz44OU44O8-E




2015-11-21085902



— posted by 岡崎成弘 at 09:18 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

講演

みなさま,ご無沙汰しております.
日本に帰国して早3カ月が経とうとしています.
日本の生活に戻るのはあっという間ですね.
アメリカでの生活は,今となっては夢のようです.

現在,私は長崎大学の関連病院に勤務しています.
久しぶりの臨床ということもあって,昔のことを思い出したり,知らないことを学んだりと大変な面もありましたが,やっぱり臨床はおもしろいです.

尾﨑教授,千葉先生が主体となって長崎大学に導入したHR-pQCTLink の研究もお手伝いしています.


今日は講演の機会をいただき,留学報告も兼ねて,変形性膝関節症についてお話をさせていただきました.
自分にとって初めての講演であり,「変形性膝関節症の診断と治療の最前線」という自分を追い込みすぎるタイトルをつけてしまい,かなり苦労しましたが,なんとか終えることができました.

講演の機会を与えていただいた長崎臨床整形外科医会の朝永先生,座長の堀内先生,お忙しい中講演を聞きに来てくださった先生方,会の準備に尽力してくださった中外製薬のみなさまに御礼申し上げます.


NONALNUM-44K544Op44Kk44OJMTAy-E



NONALNUM-44K544Op44Kk44OJMTAz-E



— posted by 岡崎成弘 at 05:42 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ラボ最終日

今日が最後の出勤日でした.
ボスのシャーミラを始め,研究の相談によく乗ってくれたアンディ,気さくに話してくれるマットとランディ,妻と子供の心配をよくしてくれたアディーティ,ギータ,本当にありがとうございました.

成果としては,HR-pQCTについての論文を一つsubmitするのが精一杯でしたが,MRIによる軟骨・半月板の解析にも参加することができました.
中ボスの一人が出した論文のFigureを作成したりもしましたが,それもいい経験でした.

ラボのみんなにさよならを行って回りましたが,みんな,やさしい言葉をかけてくれました.
決まり文句なのかもしれませんが,「Good luck with everything.」「Take care and all the best for your future career and life」「I wish you and your family all the best.」「It has been wonderful knowing you.」などなど,覚えているところではそんな感じです.

そういえば,英語って,言われてとても気持ちがいい言葉が多いですね.「Have a good day.」や「Have a nice weekend.」そして,お返しに「You too.」.
人生を楽しんでいるということが言葉からもうかがえるような気がします.


最後にIDカードを返却してきました.
2年前に撮ったこの写真は,不安でいっぱいな表情をしていますね.
自分ではあまりわかりませんが,妻が,この時に比べて表情が明るくなったと言ってくれました.

2015-06-22104124



2015-06-22155632


2015-06-22155651


2015-06-22155537



— posted by 岡崎成弘 at 09:48 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

SFGH長尾先生 外来見学

2015-06-11084626



今日はSan Francisco General Hospitalの長尾先生の外来を見学させていただきました.
(本当は佐田先生と行く予定だったのですが,UCSFのIDカードがまでできておらず,私一人で行ってきました.佐田先生はあと2年あるから,時間を見つけていつか行ってくださいね.)
長尾先生はリハビリテーション医として働かれており,UCSFの整形外科に所属しています.
木曜日は脊椎専門外来の日で,手術が必要そうな患者さんを整形外科の先生が診て,ブロックなどの保存治療主体となる人を長尾先生が診ておられました.毎週金曜日にや硬膜外や神経根ブロックをしています.
アメリカの整形外科医は手術を専門としており,保存療法にはそこまで興味がないそうです.ギプス巻きは救急外来ではすることはありますが,日勤中は自分ですることはあまりないとのことです.

アメリカの外来は部屋がいくつもあって先に患者さんが部屋に待機して,ドクターが入っていくという方式です.日本の場合はドクターが部屋にいて,患者さんを呼び入れますよね.患者さんの出入りする時間,着替えたりする時間を考えると,かなり効率的です.まあ,広いからなせる技かもしれませんがね.

小型のイメージを置いている診察室があって,イメージ下に指関節に注射をやっていました.撓骨遠位端骨折の整復もここでしているそうです.透視室に行く必要がないのでとても便利ですね.

長尾先生は,説明もわかりやすく,笑顔が素敵でとてもやさしいので,患者さんにすごく信頼されている印象を受けました.異国の地で第一線で働かれているのでご苦労も多いと思いますが,ますますのご活躍をお祈りいたします.

長尾先生から出産のお祝いで息子の名前と誕生日入りのブランケットをいただきました.大切に使わせていただきます.

2015-06-11124630



2015-06-11133516




— posted by 岡崎成弘 at 03:32 pm   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0346 sec.

prev
2018.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30