ヒルデブランド先生訪問

骨微細構造解析のアルゴリズム開発の巨匠、Hildebrand 先生が長崎に来られました。
私にとっては大きな出会いとなりました。

先日の日本骨代謝学会@沖縄で、骨微細構造解析の新しいアルゴリズムの発表があって、
そのポスターを眺めていたら、演者に声をかけていただいて、
やっている人しかわからないようなディープな議論をしていたら、ん?ところで、お名前は? Hildebrand 先生?? 

Hildebrand 先生は、1990年代にETH Zürich(チューリッヒ工科大学)で、
骨梁構造解析の最もコアとなる trabecular thickness のdirect measurement(sphere fitting method)や
structure model index(SMI)のアルゴリズムを開発した、私にとっては超絶に有名人でした。
こんなところで会えるなんて!

私は Ko Chibaだと言ったところ、君か、君の論文は知っているよ、と。
私がUCSFでやった仕事を印象深く思っていてくれたようです。

沖縄での学会の後は東京大学でミーティングがあって、その後、数日間、観光してスウェーデンに帰るとのことで、
その間はフレキシブルなので、長崎でミーティングをしないか?と、お誘いがありました。

嬉しいご提案で、昨日の土曜日に長崎に来ていただきました。

私のラボで2時間ほどミーティングをしましたが、衝撃のシステムを開発していました。
詳細はここでは割愛しますが、うーん、、私が今までやってきた解析のあり方が、将来大きく変わるかもしれません。

ミーティングのあとは、ランチや長崎観光をして、プライベートや仕事の話の続きもして、
空港では今後の再会とコラボレーションを誓って、本当に良い出会いとなりました。

しかし、その日は7月初旬でしたが、めちゃ暑で、すっかり夏でした。
Hildebrand先生らには、日本の夏らしい風景と、地獄の暑さを味わっていただきました。

今回のミーティングとアテンドに付き合ってくれた池永先生には、
ドライバーなどをしてもらってほんと助かりました。ありがとう。1人ではきびしかった。


IMG_9306



IMG_1587



IMG_1599



NONALNUM-SU1HXzkzMzDjga7jgrPjg5Tjg7w-E



IMG_1604



— posted by 千葉恒 at 06:41 am   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0294 sec.

prev
2024.7
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31