2023年

毎年の恒例で、2023年を振り返ります。

1月 HR-pQCT故障 2週間ほど動かず大変でした
3月 ISCD@シカゴLink (DXAの国際学会)に初めて行ってきました 孤独
4月 大学院生が新たに1名参加(向井先生)
4月 島原病院に月1で応援診療に行き始めました 島原は美しい
5月 骨折事件Link  子どもと遊んでいて激しく足関節を捻挫しました
8月 臨床研究サマーセミナーLink を開催しました 素晴らしい仲間に出会えました
9月 コロナ感染Link (2回目) またメンタルやられました
9月 日本骨粗鬆症学会で 森井賞を受賞Link しました
10月 ASBMRで初のオーラル発表Link をしてきました とんでもない緊張!!
10月 4年ぶりにサンフランシスコに行ってLink きました

今年はとにかく発表ばかりしていた印象で、スライドを数えてみると、、合計56回でした。
週に1回は何らかの発表をしていることになりますね。
研修医の時に、1つの発表がとっても大きい存在だったことを思うと、大人になったなと思います。

論文アクセプトは、今年はなんと1本でした(Dmab-OP)。うーん、ひどいな、、ボトルネックは私です。

現在、サブミット済やほぼ完成の論文は3つあり(PTH-QCT、LC、RA)、
さらに今後、9本ほど完成が予定されていますが(RAC、Cad-Hum、TAA、LIX、AFI、Gx、NOR-Vit.D、PTHvsNOR、PTH2)
、、私がボトルネックです。ふんづまっています。

今年はあと、足関節捻挫(外果裂離骨折)、五十肩(烏口下インピンジメント)、右小指ばね指、
そして、慢性腰痛+急性腰痛発作、と、体を痛めまくって、老化を感じる年でした。

来年からは医局長になろうとしていますが、私の体は大丈夫なんでしょうか?

子ども達との時間は、今だけ、今しかない、かけがえのないもので、
家族イベントは今年も、ハウステンボス、キッザニア、USJ、TDL、、と満喫しました。

来年は数ヶ月間のみサンフランシスコ育ちの長男(K-pon)が小6になりますが、
できるだけ遊びには行きたいなと思っています。

本日、大晦日は、家でゆっくり過ごします。ではよいお年を。

— posted by 千葉恒 at 11:05 am   commentComment [0] 

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4655 sec.

prev
2023.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31