ベイエリア日本人整形外科の会

帰国後、怒涛の日々で、アップが遅れました。

サンフランシスコ2日目は、UCSFの日本人研究者とのミーティングをしてきました。
まずは、UCSF Neurological Surgery の Brain and Spinal Injury Center (BASIC) に留学中の東大整形外科の森岡先生と研究ミーティングをさせていただきました。もう長い付き合いでして、現状の情報交換と今後の戦略について2時間ほど議論させてもらいました。
その後、その日に偶然開催されていた、ベイエリア日本人整形外科の会Link に参加してきました。

私はこの会の創設者の1人ですが、どういう経緯で結成されたかを、今回、過去のメールを頼りに思い出してみます。

私が留学していた2012年ごろ、UCSFには日本人のMDの研究者はそれなりの数がいたのですが、UCSFはキャンパスが市内にバラバラにありまして、私が普段接していた日本人たちは、他の診療科の先生たちでした。

そんな中、UCSFパルナサスキャンパスに兵庫医大整形外科の圓尾先生が留学中との情報をいただき、2012年3月23日に私のいるミッションベイキャンパスでお話ししようということになりました。
当時、お互い軽い鬱状態だった私たちは、半年近く封印されていた「日本語での整形外科の会話」が、止めどもなく溢れてきまして、気がつけば4時間ちかくしゃべりこんでいました。

一方、UCSFのSFGH(San Francisco General Hospital)には、その7年前(2005年)から、札幌医大整形外科の長尾正人先生が勤務しており、圓尾先生も私もそれぞれ個人的にはつながりがありました。
そんな中、長尾先生より、2012年4月から東大整形外科の森岡先生が留学しているという情報をいただきました。そこで2012年5月3日に、森岡先生、圓尾先生、千葉の3人で会ったところ、また止めどもなく会話が続き、その日も4時間ちかく話し込んでしまいました。

そこで、UCSFにいる日本人整形外科医全員(長尾先生、圓尾先生、森岡先生、千葉)で食事会をしようということになり、圓尾先生が会をセットアップしてくれました。2012年5月23日、サンマテオの火鍋屋でした。
当日は、4人で話しこんで盛りあがって、「UCSF日本人整形外科の会Link 」という名前で、今後も定期的に集まろう、ということで意気投合しました。

そこから、定期的に集まって、情報を交換しあったり、なぐさめあったり、
お互いのツテを使いまくって見学しまくったり、親睦会だけでなく勉強会もするようになり。

私の帰国後には、スタンフォード大学の日本人整形外科の先生方にも声をかけて、
ベイエリア(サンフランシスコ〜サンノゼ一帯を指す言葉)日本人整形外科の会へと発展しています。
現役とOBを合わせると40人ぐらいいまして、帰国後もつながりがあったり、情報交換が続いています。

現在、この会のUCSFの幹事は、札幌医大の黄金先生(珍しい名字で忘れられません)で、
若手芸人よりも面白い、いろんな意味でポテンシャル無限大の脊椎外科の先生です。
今回の会をアレンジをしていただきました。楽しかったです。ありがとうございました。


IMG_1644







— posted by 千葉恒 at 09:18 am   commentComment [1] 

UCSF 帰国後5年

恒例ですが、UCSFの研究者とミーティングをするために、
シカゴの後に、サンフランシスコに立ち寄りました。
離陸待機などがあり、7時間もかかってしまいました。ぐったりです。

初日はHR-pQCTの世界では著名人の、私の元同僚 Andrew Burghardt 先生。
人事上の転機があったようで、少し驚きましたが、
チャイナベイスンというキャンパスでミーティングをしました。

その後、ミッションベイというキャンパスまで10分ほど歩くのですが、
その日は天気が悪く風が強くて、それが留学中のつらかった日々を思い出させました。

留学中の嫌な経験はチャイナベイスンキャンパスで多かったのですが、
ミッションベイへの帰り道で、同僚を避けるように距離を置いて
1人で強い風を浴びならが帰っていた記憶がフラッシュバックしてきました。

異分野に飛び込んで得た知識が自分の武器になる、という戦略で生きているのですが、
飛び込んでる最中はもう難解すぎて、そのくせプライドを捨てれない性格で溶け込めず、苦労したなぁ。
帰国後の方が、元同僚たちとは楽しくおしゃべりできています。

2013年に帰国しましたが、実はほぼ毎年、UCSFには訪問しています。
ミッションベイエリアは、超開発エリアで、毎年景色が変わります。
高級マンションが立ち並び、ウォーリアーズのスタジアムと、商業ビルが建設中。
ザッカーバーグに続き、Citigroupのワイル会長夫妻からUCSFに185ミリオン(210億円)の寄付Link があったようで、
Neuroscience ビルがもう1つ建つみたいです。ターゲットはやはりDementiaみたいです。

UCSFは医学部のみの都市型の大学で、キャンパスはほとんどが病院。
ただ唯一ミッションベイキャンパスは、大学らしい雰囲気があって、私は好きだったのですが、
今は、ごちゃごちゃしていて工事の音もうるさく、落ち着かない場所になっています。

IMG_1632



IMG_1634



— posted by 千葉恒 at 12:50 pm   commentComment [0] 

RSNA@シカゴ -3

この学会の面白いところは、クイズのようなイベントが多い点です。

初日の午後にある、Image Interpretation Session は、
各分野の画像診断の専門家に、事前に難しい症例の画像が送られており、
診断に至る過程をプレゼンテーションしてもらい、
最後に答え合わせをする、という名物企画です。
今年も8人全員が正解で、やらせ説疑惑もあるようです。

骨軟部分野では、Phosphaturic mesenchymal tumor という、
レアな疾患が問題となっていました。

他に、ポスター会場では、Case of Day という、画像2-3枚+病歴1行ほどの
クイズコーナーがあり、スマホで回答して、翌日、正解かどうかのメールが届きます。

私も骨軟部で1問だけ当てれましたが、ヒントが少なすぎて難しいです。

IMG_1567



IMG_1597




— posted by 千葉恒 at 02:01 pm   commentComment [2] 

RSNA@シカゴ -2

今回、初めて知った興味深いことは、このAIブームは、
「異常所見の自動検出」以外にも応用されている、ということです。

1つは「計測領域の自動化」です。
例えば、筋肉量を計測する際、人の目でしか分離できない地道な作業があったのですが、
それをコンピューターに判断させる、というものです。

ただ、画像定量化の専門家として、私の意見は、この技術はまだちょっと怪しい、です。
異常所見の有る無しと違って、例えば骨の増加や減少は1-2%のわずかな数値をを見ています。
間違っていても確認者がすぐに判断できるレベルではないので、高い信頼性が必要です。

もう1つの応用は「CTやMRIの画質向上」です。

CTは、スピードや解像度の発展がすでにピークに達しており、残された課題は被曝線量です。
CTの画像化の原理であるFBPが、現在IRという方式に変わりつつあるのですが、
さらに、AIによるノイズ除去を加えることで、線量をかなり抑えることができるのだそうです。

一方、MRIの残された課題は、何と言ってもスピードです。
高磁場化やRFコイルの多チャンネル化などのハードに加え、
Parallel imaging や Compressed sensing などでスピード化がされてきましたが、
ちょっと理屈がわからないのですが、AIを応用することで早くなるそうです。

— posted by 千葉恒 at 02:44 pm   commentComment [0] 

RSNA@シカゴ -1

RSNA(Radiological Society of North America)という学会に参加するためにシカゴに来ています。
雪です!劇寒です!

RSNAは、放射線科の学会の中で、世界で最も大きな学会で、毎年11月末に、シカゴで開催されています。
いつか行きたいなと思っていた学会で、今回ついに参加することができました。

話題は何と言っても、人工知能(AI: Artificial Intelligence)や深層学習(deep learning)です。目白押しでした。

医用画像における「異常所見の自動検出」は、何十年も前から検討されていて、
私が研修医で放射線科にいた時、すでに話題に上がっていたのを覚えています。

それがこの数年、現実化の兆しが出てきています。

実臨床での有用性という点では、まだまだ先は長いですが、将来は、コンピューターが異常を見つけて、
放射線科医が確定する、という作業になるかもしれません(日立のウェブから、肺癌の自動検出の概念図を添付します)。

そしてこのAIブームは、放射線科医が「異常所見をレポートする人」ではなく
「診断をつける中心的な役割」であることを、再認識するきっかけにもなっているようです。

AIで仕事が効率化されることで、放射線科医は、画像だけでなく病歴や臨床検査、過去の論文などをトータルで検討した上で、
より質の高い画像診断を目指したり、より患者とかかわりを持つ時間ができると、学会長が講演されていました。


IMG_1614



IMG_1585



IMG_1564



2018-11-28082817



— posted by 千葉恒 at 10:39 pm   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0529 sec.

prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31