[ カテゴリー » 研究 ]

EULAR@アムステルダム -1

昨年に引き続き、EULAR(ヨーロッパリウマチ学会)で発表をしてきました。

昨年のEULARLinkACRLink でも感じたことですが、とにかく企業ブースが元気過ぎ。
リウマチ膠原病業界が、いかに創薬ブームかがわかります。

近年、特に際立っているのが、PsA(psoriatic arthritis:乾癬性関節炎Link )ですね。
ブースにDIP関節の巨大なオブジェが、、

大阪大学の呼吸器免疫内科学のホームページLink によると、、
「乾癬性関節炎に対してはNSAIDsが第一選択で、活動性が高い場合はメトトレキサートなどを追加する。効果不十分の場合は抗TNFα抗体製剤(インフリキシマブ;レミケード®、インフリキシマブBS®、アダリムマブ;ヒュミラ®)が用いられ乾癬と関節炎の両方に有効である。さらに抗IL-12/23抗体(ウステキヌマブ;ステラーラ®)、抗IL-17A抗体(セクキヌマブ;コセンティクス®、イキセキズマブ;トルツ®)、抗IL-17受容体A抗体(ブロダルマブ;ルミセフ®)、経口ホスホジエステラーゼ4(PDE4)阻害剤(アプレミラスト;オテズラ®)も使用できるようになり乾癬性関節炎の治療選択が広がっている。」
ですって。覚えきれませんな。

端っこの方に、エコーのブースがいくつかあったのですが、整形外科ではおなじみのArthrexが、とってもポータブルなエコーを発売していました(Arthrex® Synergy MSK™Link )。

で、いくらだと思います?、、ブースのお兄さんによると、フルセット(iPadモニターやアプリなど含めて)で13000 ユーロかドル(不明、どちらにしろ、150万円ぐらい)と言っていました。高いのか妥当なのかわからん。
日本でもつい先月、薬事が通ったみたいです。今後、話題になるかな?


IMG_1070



IMG_1078



IMG_1083



IMG_1086



— posted by 千葉恒 at 01:02 pm   commentComment [0] 

査読ラッシュ

普段から2-3ヶ月に1回ぐらいのペースで、論文の査読をしているのですが、
今、波が来ていまして、この1ヶ月で4つの査読を引き受けちゃってます。
IJRD(APLAR)、JEXO(ESSKA)、JOR(ORS)、JBMM(JSBMR)です。

知らない雑誌や、知らないエディターからの査読って、よく来ますよね。全てお断りしてます。
ただ、断れないのってありますよね。今回はそれが一時期に固まりました。

JORの査読入力ページが、面白かったのが、
「統計は適切ですか?」「統計家にまわす必要がありますか?」というボタンがあって、
初めて見ましたね。この雑誌は、統計家と契約しているんでしょうね。

— posted by 千葉恒 at 02:12 pm   commentComment [0] 

日整会総会@神戸-2

今回、特筆すべきは、私達研究グループに入り浸ってくれている、医学部の学生さんの磯部くんが、
日整会総会で採択されて、発表してしまったことです。

長崎大学整形外科の歴史では初だと思います。
日整会総会は採択が厳しく、ポスター発表でも3-4割は落とされるので、相当立派です。

彼は、3年前より私達研究グループのお手伝いをしてくれていて、いつのまにか立派な研究者になってしまいました。
今回、「若年女性アスリートの月経異常と骨構造変化 ―HR-pQCTによる骨微細構造解析―」というタイトルで、見事に発表してきました。
プレゼンも上手で、末恐ろしいやつです。


IMG_1034



IMG_1031



— posted by 千葉恒 at 09:48 pm   commentComment [0] 

日整会総会@神戸

日整会総会、はじまりました。

今年は、私達の研究グループ(RiBS)から13演題の発表。

TERABIT study(PTH)から
1)千葉 脆弱性骨折患者における骨微細構造の劣化の特徴 ―HR-pQCTによる解析 / TERABIT study―

J-CaraT study(NOR)から
2) 岡崎 HR-pQCTの標準撮影法に関する研究 ―fixed offset法およびrelative offset法の比較―
3) 岡崎 日本人女性における骨代謝回転と骨微細構造の関係 ―HR-pQCTによる健常人調査―
4) 近藤 骨微細構造と骨代謝マーカー、ビタミンD、ペントシジンの関係 ―HR-pQCTを用いた骨梁構造ノンメトリックパラメータの解析―
5) 横田 HR-pQCTによる海綿骨微細構造の加齢性変化の解析 ―骨梁連結性、形態、方向性評価の有用性―
6) 土居 男性における海綿骨微細構造の加齢変化 ―HR-pQCTによる健常人調査―

UCSF の Male Osteoporosis 研究より
7) Sada Longitudinal changes of cortical bone microstructure in men with or without osteopenia and osteoporosis

CAD(カダバー研究)
8) 山田 HR-pQCTを用いたヒト全脊椎の骨微細構造の解析 ―椎体高位による比較―
9) 山田 骨粗鬆椎体の骨強度を規定する骨微細構造パラメータの分析 ―HR-pQCTを用いた有限要素解析―

Fx(骨折治癒研究)
10) 江良 四肢用高解像度CT(HR-pQCT)による骨折治癒のin vivo解析 ―骨接合材料が正確性に与える影響―
11) 西野 四肢用高解像度CT(HR-pQCT)による橈骨遠位端骨折の治癒過程の解析 ―骨内膜面における骨形成の重要性―

ARX(神経性やせ症研究)
12) 松林 神経性やせ症における骨微細構造の解析 ―高解像度CT(HR-pQCT)を用いて―

ATH(女性アスリート研究)
13) 磯部 若年女性アスリートの月経異常と骨構造変化 ―HR-pQCTによる骨微細構造解析―

初日のトップバッター、近藤先生の発表が立派で、感動しました。
まとめにくいデータで、準備段階ではそうとう路頭に迷いましたが、いい仕上がりになっていました。苦労しただけに感無量。

私は、指導者としては、かなり能力がありません。
どこまでその人にさせればいいのか、どこまで自分がしてあげればいいのかが、全くわからないのです。

また、グループリーダーとしても、才能がないですね。
システムの作り方がよくわからず、分業が不均一だったり、自分でしょいこんだりするのです。

そんな中、よく付いてきてくれている後輩たちに感謝です。


IMG_0999



IMG_1002



— posted by 千葉恒 at 06:31 pm   commentComment [0] 

松本ボーンフォーラム

長野県松本市で毎年開催されている松本ボーンフォーラムLink
講演をさせていただきました。

松本ボーンフォーラムは、松本歯科大学と信州大学整形外科が開催している骨の勉強会で、
金曜の午後4時から9時まで5時間ぶっ通しで、基礎から臨床まで、
7つの演題や講演で構成されている、なかなかがっつりとした会です。

私は、HR-pQCTによる骨粗鬆症研究の講演をさせてもらいましたが、
私の今までの講演経験の中で、ベスト3に入るウケの良さで、珍しく笑いを引き出せたりもしました。

理由ははっきりしていて、身内ネタが2つもあったのです。
1つは、松本は実は父の生まれ故郷でして、父の若いころの写真が、今の私とあまりにも似ていて、
それがウケたみたいです。DNAすげえと言われました。

もう1つは、私の同僚の山田先生が、信州大学医学部の出身で、彼の写真や研究を紹介したところ、
信州大学整形外科の加藤教授もしっかり覚えていていましたし、
同級生たちも、山田は元気ですか?写真が老けてた、と挨拶に来ていただきました。

加藤教授はとてもフレンドリーな方で、懇親会で、すごく親切にお声がけしてもらいました。
そして、骨粗鬆症の世界で、日本の重鎮の1人である、成人病診療研究所の白木先生と、
たくさんお話ができまして、楽しい時間を過ごせました。

ちなみに写真は、松本城で、かなりかっこいいお城です。
長崎を朝9時に出発して、福岡から松本へ飛んでいるFDAという航空機で2時PMに松本空港着。
1時間のフリータイムで、急いで松本城だけ見に行けました。

IMG_0976



IMG_0982



— posted by 千葉恒 at 07:10 am   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0825 sec.

prev
2018.6
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30