[ カテゴリー » 研究 ]

卒業

卒業の季節です。せつないですね。

今年度、卒業した研究スタッフは、新井さん、吉武さん、本井さんで、
コーディネーター、会計、解析などをしてくれていました。
また将来、一緒に働けることがあればいいなと思っています。

私たちの研究グループ(RiBSLink )は、尾崎教授と宮本医局長のプロデュースにより、
4月からもさらにメンバーが増え、13人の整形外科医師と、
5人のアシスタントからなる、大きなチームを作らせてもらっています。

私がUCSF留学時代に学んだことの1つが、分業制の研究システムでした。
それを目指しつつ、いや、まだまだ遠いな、、しかしそれは今も私の目標です。

アシスタントさんがとっても重要な役割を果たしていまして、5人の内訳は、
コーディネーターが 2人、書類担当が 1人、会計担当 1人、解析担当 1人です。
多く見えますが、みなさんパートタイムですので、結構忙しく仕事してます。

10年前、私が1人で研究をしていた頃は、撮影や解析はもちろん、
患者さんへの電話、郵送、すべての書類の処理、物品の注文や学内システムへの入力まで、
全部自分でしていましたので、今の状況は、とてつもなく進化したと思います。

とはいえども、今でも撮影や解析、CRC業務はしてますし、加えて、メンター業務、
ミーティング、解析法開発、執筆などを抱えていますので、忙しさはパワーアップしてます。

もちろん、骨粗鬆症の外来や、人工関節・リウマチ外科のオペも、ひとりひとり丁寧に、やっています。
今の多忙さを解決する方法を知りたいですね。
今年も海外のラボにいくつか訪問するので、そんな視点で、観察してこようっと。


IMG_0911




— posted by 千葉恒 at 07:05 am   commentComment [2] 

講演会@佐賀

長崎のお隣の県、佐賀県には、長崎大学整形外科の同門の先生方の集まりがあり(東整会)、
その集まりで、骨粗鬆症の講演をさせていただきました。

お呼びいただいたのは、神代整形外科の神代先生でした。
神代先生は、私が医者になりたてのころに、長崎労災病院(佐世保)で大変お世話になった大先輩で、
相変わらず優しくて、後輩たちの活動を盛り上げてくれて、
自分のことで頭いっぱいの小さな私と比べて、本当に後輩想いだなと、改めて尊敬してしまいました。

HR-pQCTが長崎にきて2年半。最初の5年が勝負だと走り続けていますが、
最近の多忙さは尋常でなくて、宿題の多さにちょっと麻痺状態ですね。


IMG_0899



— posted by 千葉恒 at 10:19 am   commentComment [0] 

講演会@長崎

現在、HR-pQCTで26個の研究が行われていますが(やりすぎ)、
メインの研究の1つが、長崎テリパラチド研究(TERABIT study)です。

フォルテオ、テリボン、経口ビスホス、合計130例のランダム化比較研究(RCT)で
エントリー1年半、フォローアップ1年半で、2016年2月から始まって、現在、1年半が終了した人が20名。

今回、長崎でクローズの講演会をしまして、初期のごく一部のデータ(テリボンのみ)を披露しました。

まだ全てのデータが出そろっておらず、当然、統計解析などもしてませんので、
結果はここでは言えませんが、参加していただいた皆様と、興味深い議論ができました。

今年から、一部のデータを小出しできるのではと、楽しみにしています。


IMG_0894




— posted by 千葉恒 at 09:01 am   commentComment [2] 

グラフ作成ソフト

なんとなく月4回のアップをノルマにしていたこのブログですが、今月はついに2回になってしまった。
「留学ブログ」だったころは(2011-2013年)、週に3回アップしてました。ネタが豊富だったんですー

グラフ作成ソフトには種々のものがありますが、最近、私は、同僚の岡崎成弘先生のオススメで買った DataGraphLink を使っています。

簡単なグラフは、エクセルやパワポで十分ですが、ちょっと凝りたい時に良いです。
まだ使い始めて日が浅いので、完全には使いこなしてませんが。

研究結果のデータを見るとき、私は必ず散布図を見るようにしています。
エクセルだと、散布図を群別にしたとき、同じ数値は重なってしまってイマイチですが、
DataGraph だと、下図のように、プロットが重ならないし、
箱ヒゲ図、中央値などを加えることもできて、痒い所に手が届きます。

価格は10800円。研究をよくする人にとっては、アクセプタブルでしょう。


NONALNUM-44K544Kv44Oq44O844Oz44K344On44OD44OIMjAxOC0wMS0yNTA3LjAxLjI2-E



NONALNUM-44K544Kv44Oq44O844Oz44K344On44OD44OIMjAxOC0wMi0yODE2LjE1LjM0-E



— posted by 千葉恒 at 05:39 pm   commentComment [0] 

英語と日本語の距離

先日、整形外科で骨代謝の研究をしている人たちの集まり(OBMMG)に参加しまして、
堀内圭輔先生の特別講演がとても勉強になりました。
講演内で日本人の英語力の話題になって、引用されていた情報が面白かったです。

LANGUAGE DIFFICULTY RANKINGSLink という、アメリカ人が習得するのに苦労する言語のランキングです。

ーーーーーーーーーーー
LANGUAGE DIFFICULTY RANKINGS

Category I: 23-24 weeks (Languages closely related to English)
French Italian Spanish Portuguese Afrikaans など

Category II: 30 weeks (Languages similar to English)
German

Category III: 36 weeks (Languages with linguistic and/or cultural differences from English)
Indonesian Malaysian Swahili

Category IV: 44 weeks (Languages with significant linguistic and/or cultural differences from English)
Russian Greek Turkish Thai Tagalog など

Category V: 88 weeks (Languages which are exceptionally difficult for native English speakers)
Arabic Cantonese,Mandarin (Chinese) Korean *Japanese
(* Usually more difficult than other languages in the same category.)
ーーーーーーーーーーー

日本語、最下位ですよ!!
アメリカ人にとってフランス語やイタリア語の習得は楽勝で、日本語はスワヒリ語やタガログ語より難しい、ということみたいです。
いかに日本語が英語から離れているかを示していますね。そりゃ僕たち、くろうするわ。

— posted by 千葉恒 at 08:46 am   commentComment [0] 

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0474 sec.

prev
2018.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30