帰国しました

・帰国2日前
引っ越しは日通さんにお願いしました.見積もりの時,単身パックで十分と言われたので,単身パックのスタンダードにしました.
1000ドルちょっとかかります.(ワイン2ダースと,三脚も送ったので追加料金がさらに300ドルほどかかりました.)
6月は帰国する人が多いそうなので,早めの予約をおすすめします.

夕方に日通さんが荷物を取りに来るとのこと.
荷造り上手な妻と,転勤族なので引っ越しは慣れていると自負している私.
これが大きな落とし穴でした.
息子が泣き喚いたり,おむつを変えたり,授乳に時間を取られ,作業に集中できず,ほぼ徹夜の状態でダンボールに詰め終わりました.
業者の人が帰った後,押し入れを見たら,預け忘れたダンボールを発見….ひえーっ.


・帰国前日
日本領事館に,息子の「帰国のための渡航書」を取りに行ったり,Fastrak(日本のETCみたいなもの)を返却に行ったり,最後にダウンタウンに行って日本へのおみやげ購入.

最後に残った荷物をパッキング.
またもやほぼ徹夜になりそうな予感.
疲労困憊状態で二人ともイライラ状態.
息子もそれを察知して,泣き叫ぶ始末.パッキング作業はなかなか捗りませんでした.


・帰国日
帰国当日の朝を迎えても,なかなか部屋は片付かず.
日本に持って帰らないものは,寄付のために1階の踊り場まで持って行っていましたが,だんだん余裕がなくなり,最後の方はどんどん捨ててしまいました.
佐田先生と妻のお友達に手伝ってもらって,なんとか空港に到着.

飛行機の中では息子もよく眠ってくれて,あんまり手がかからなかったのでよかった…
帰国の時は少し涙ぐむかなと思っていましたが,バタバタと帰国したので感傷に浸る間もありませんでした.

帰国前日までにアパートを出たほうがよかったなと反省しています.

いろいろありましたが,私達の2年間のアメリカ留学生活はこれで終わりです.
今後は佐田先生にバトンタッチします.

何はともあれ,二人とも健康で,大きなトラブルもなく過ごせたことは幸せでした.
留学に快く送り出していただいた尾﨑教授を始めとする長崎大学整形外科の先生方,同門会の先生方,サンフランシスコでとてもお世話になった長尾先生を始めとするベイエリア整形外科の会のみなさま,本当にありがとうございました.


2015-06-24125249
ミッションベイキャンパスの毎週水曜日のファーマーズマーケット


2015-06-24124955
仲良くなった野菜屋のおばさんとのツーショット



2015-06-25205130
飛行機の中ですやすや眠ってくれました



2015-06-26000046
日本に着いて一安心


— posted by 岡崎成弘 at 09:21 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

帰国前の解約

帰国前の解約リストを挙げておきます.

1. アパート
UCSF housingの場合,退去日の30日前までに申し出る必要があります.
直接出向くか,メールするようにしましょう.


2. PG&E
アメリカの電気・ガス会社です.
私は電話で解約しました.UCSF housingのホームページLink に「Take the billing out of my name.」と言うようにと書いてあります.決して「Turn off power at my apartment.」と言わないよう.


3. Fastrak
契約はとても簡単なFastrakですが,解約方法がネットでなかなか見つからず,少し苦労しました.
このページLink に行き,「How can I return my toll tag and close my account?」
のところにあるAccount closure formLink を作成して,Customer service centerに送り返すか,直接持っていくかしましょう.
ダウンタウンのFirst streetにあります.

In-Person Service and Call Center
62 First Street, San Francisco, CA 94105


4. 携帯電話
Verizonを利用していましたが,ネットでは解約できないので,店舗に赴く必要があります.


5. 銀行口座
口座からの支払いや振り込みが,帰国後もあることが予想されるので,住所変更だけ行い,口座は残してきました.
Union bankの場合,1年間利用がないと,口座が凍結されるので注意しましょう.


6. 保険の解約
自動車保険などは自動更新のことがあるので,早めに連絡して解約しましょう.


以上です.
解約手続きはどことなくさびしさがありますね.


2015-06-24151243
Fastrakのcustomer service center


— posted by 岡崎成弘 at 05:29 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ラボ最終日

今日が最後の出勤日でした.
ボスのシャーミラを始め,研究の相談によく乗ってくれたアンディ,気さくに話してくれるマットとランディ,妻と子供の心配をよくしてくれたアディーティ,ギータ,本当にありがとうございました.

成果としては,HR-pQCTについての論文を一つsubmitするのが精一杯でしたが,MRIによる軟骨・半月板の解析にも参加することができました.
中ボスの一人が出した論文のFigureを作成したりもしましたが,それもいい経験でした.

ラボのみんなにさよならを行って回りましたが,みんな,やさしい言葉をかけてくれました.
決まり文句なのかもしれませんが,「Good luck with everything.」「Take care and all the best for your future career and life」「I wish you and your family all the best.」「It has been wonderful knowing you.」などなど,覚えているところではそんな感じです.

そういえば,英語って,言われてとても気持ちがいい言葉が多いですね.「Have a good day.」や「Have a nice weekend.」そして,お返しに「You too.」.
人生を楽しんでいるということが言葉からもうかがえるような気がします.


最後にIDカードを返却してきました.
2年前に撮ったこの写真は,不安でいっぱいな表情をしていますね.
自分ではあまりわかりませんが,妻が,この時に比べて表情が明るくなったと言ってくれました.

2015-06-22104124



2015-06-22155632


2015-06-22155651


2015-06-22155537



— posted by 岡崎成弘 at 09:48 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

SFGH長尾先生 外来見学

2015-06-11084626



今日はSan Francisco General Hospitalの長尾先生の外来を見学させていただきました.
(本当は佐田先生と行く予定だったのですが,UCSFのIDカードがまでできておらず,私一人で行ってきました.佐田先生はあと2年あるから,時間を見つけていつか行ってくださいね.)
長尾先生はリハビリテーション医として働かれており,UCSFの整形外科に所属しています.
木曜日は脊椎専門外来の日で,手術が必要そうな患者さんを整形外科の先生が診て,ブロックなどの保存治療主体となる人を長尾先生が診ておられました.毎週金曜日にや硬膜外や神経根ブロックをしています.
アメリカの整形外科医は手術を専門としており,保存療法にはそこまで興味がないそうです.ギプス巻きは救急外来ではすることはありますが,日勤中は自分ですることはあまりないとのことです.

アメリカの外来は部屋がいくつもあって先に患者さんが部屋に待機して,ドクターが入っていくという方式です.日本の場合はドクターが部屋にいて,患者さんを呼び入れますよね.患者さんの出入りする時間,着替えたりする時間を考えると,かなり効率的です.まあ,広いからなせる技かもしれませんがね.

小型のイメージを置いている診察室があって,イメージ下に指関節に注射をやっていました.撓骨遠位端骨折の整復もここでしているそうです.透視室に行く必要がないのでとても便利ですね.

長尾先生は,説明もわかりやすく,笑顔が素敵でとてもやさしいので,患者さんにすごく信頼されている印象を受けました.異国の地で第一線で働かれているのでご苦労も多いと思いますが,ますますのご活躍をお祈りいたします.

長尾先生から出産のお祝いで息子の名前と誕生日入りのブランケットをいただきました.大切に使わせていただきます.

2015-06-11124630



2015-06-11133516




— posted by 岡崎成弘 at 03:32 pm   commentComment [4]  pingTrackBack [0]

オイスターBBQ

2015-06-06104604



今日は歓迎会・送別会を兼ねて,オイスターBBQを森岡先生幹事で開いていただきました.
送別される人は西尾先生と僕,歓迎されるのは,4月からUCSFに来られた,石井先生,大谷先生,スタンフォードに来られた鍋島先生,そして6月に来たばかりの佐田先生です.

場所はTomales Bay Oyster CompanyLink
牡蠣の有名な産地であるPoint Reyesにあります.
ここは2年前に千葉先生の送別会,僕の歓迎会を開いてもらったところで,思い出の場所の一つです.スーパー幹事の森岡先生,ありがとうございます.

2012年にUCSF日本人整形外科として始まったこの会は,2014年9月にスタンフォードに留学している整形外科の先生もお招きして,ベイエリア日本人整形外科の会となり,今では総勢13名の大きな会となりました.

オイスターは生食でもOKの新鮮なものを購入できます.みんなでワイワイ言いながら牡蠣を開けるのも楽しいです.長尾先生から「牡蠣の顔を見て,ナイフを入れる方向を決める」という名言も飛び出しました.
スタンフォードから通称黒肉(Schaub's Meat Fish & PoultryLink のFred’s Marinated Sirloin)も買ってきてもらい,こちらも焼きました.今まで高くて手が出せなかったのですが,本当においしかったです.
森岡先生ご夫妻のケーキ入刀に引き続き,西尾先生と僕のケーキ入刀もさせてもらいました.
参加できなかった妻と息子にプレゼントまでいただき,初めから最後までほんとうに楽しい送別会でした.

みなさんにお会いできたことは,この留学で得た大きな財産です.
ベイエリア日本人整形外科の会のますますの発展を祈念いたします.

2015-06-06155946




2015-06-06142422



2015-06-06145932




DSC_0084



2015-06-06113447
スタンフォード名物・黒肉.初めから真っ黒なのでいつ焼けたと判断するのか不明です



2015-06-06190645
息子にいただいた靴.まだ足はちっちゃいですが,すぐ大きくなるんだろうな.


— posted by 岡崎成弘 at 09:20 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0252 sec.

prev
2015.6
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30