04NOR

長崎大学HR-pQCT研究グループ(RiBSLink )から、第10弾の論文がアクセプトされました。

Deterioration of bone microstructure by aging and menopause in Japanese healthy women: analysis by HR-pQCTLink
Journal of Bone and Mineral Metabolism(JBMM)Link (IF: 2.31)
横田先生、おめでとうございます!

04NORとコードされたこの研究は、健常人520名に参加していただいたコホート調査で、日本人の骨微細構造の基準値やT-scoreの作成、加齢変化の特徴に関する調査、他の研究のコントロールなど、多くの役割を果たす私たちのコア研究です。(Japanese study of bone miCrostructure and minerAl density in a noRmAtive cohorT measured by HR-pQCT:J-CaraT study)

今回の論文は、J-CaraT studyの初期のデータで、女性61名において(30、40、50、60代:16、20、16、11名)、加齢や閉経にともなう骨微細構造の変化の特徴を調査しています。
その結果、閉経の影響を最もうける骨微細構造は「皮質骨の厚み(Ct.Th)」であり、それを契機に、骨強度が低下することが観察されました。
下図は、左が若年女性(42歳)、右が閉経後女性(68歳)のHR-pQCT画像です。海綿骨の消失や、皮質骨の菲薄化がよくわかります。

今年は、このJ-CaraT studyからあと2つの論文を出せたらなと思っています。

2020-07-0161546



— posted by 千葉恒 at 05:59 am   commentComment [0] 

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 10.4003 sec.

prev
2020.6
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30