帰国

無事に日本に帰国しています。
最後の最後まで、バタバタでした。
というのも、1週間前の突然のフライトキャンセル、その後の観測史上4番目の大雪と、全く予測不能の事態が続きまして・・・。
最後の最後に、見たこともないくらいの大雪を経験しました。

それでも、出発2日前には、フライトに必要となるCOVID-19の陰性証明のテストのため、病院にどうしても行かねばなりません。
しかし、車も大通りに出るまでに何度もスタックしている状態でした。
すると、事情を知った近所の人が立て続けに出てきて、10人近くで雪かきをして、送り出してくれました。
近所の人達には、今までもたくさん助けられてきたけど、最後の最後まで助けてもらいました。
本当に、いいところに住んだなと感じました。
そして、この雪の影響で、荷物をソルトレークシティのヤマトに送るためのFedExが来なくて、不安にさせられましたが、最終日の朝にようやく持っていきました。
いやー、本当に最後までドタバタで、最後は現地の日本人お友達やアメリカ人が手伝いにきてくれて、なんとかフライトに間に合いました。

そして、国内線に乗ったわけですが、なんと2時間近く遅延しまして。
国際線に乗るために、余裕を持って時間を取っていたにもかかわらず、最終的には、案内されながらjust in time。
ヒヤヒヤしたなー。

福岡国際空港についてからは、再度COVID-19のテストをしました。
私達以外の便は全て欠航で、人も全くおらず、閑散としていました。
この状況では、まだまだ国際学会への参加は厳しいですな。

実に、久しぶりの日本の率直の感想は・・・
平地が少ない、山に家が多い、車が小さい、サクラがきれい、きっちりしている(時間通り、サービス)、建物も密だけど、意外と人が集団でアメリカよりも密だなあ、花粉症が既に心配・・・です。
ソーシャルディスタンスは、アメリカの方が厳しい印象です。
今は、時差ボケと連日の睡眠不足で、片付けしながら、気づいたら寝てます。

こうして、留学生活が終わりましたが、何より家族みんな健康で、なんとか帰ってこれたことはよかったです。
妻や子供達に感謝したいです、ありがとう。

最後に、留学に送り出していただいた尾﨑教授、千葉先生をはじめとする長崎大学整形外科の皆様、同門の皆様、日本人の留学生とそのご家族、現地で出会った日本人家族やアメリカ人家族の皆さん、日本の家族や兄弟の皆様、本当にありがとうございました。
そして、留学を受け入れてくださった、Julio先生やそのご家族に感謝したいです。

今後は、書き残したことを少しアップさせてもらって、帰国後も学会などで特記事項があれば、少しでもアップしていければと思っています。
今後とも、よろしくお願いいたします。


a



b



— posted by 白石和輝  at 12:19 am   commentComment [2] 

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. おおいけ — 2021/03/27@07:16:20

長旅お疲れ様でした。
このご時世無事の帰国が何よりです。正直、心から羨ましいです(笑)
分野は違えど同じ科ですので、またどこかでお目にかかりましょう。

2. しらいし — 2021/04/01@01:37:36

おおいけさん

この一年は、お互いなかなかお会いできず、残念でした。
本当に、帰ってくるのだけでも、一苦労でしたよ。
帰ってきてしまえば、日本人なので、どうにでもなる気がします(笑)。
夏頃までには、少しでも状況が改善すればと思います。
また、日本の学会でお会いしましょう。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0051 sec.

prev
2024.2
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29