RSNA@シカゴ -1

RSNA(Radiological Society of North America)という学会に参加するためにシカゴに来ています。
雪です!劇寒です!

RSNAは、放射線科の学会の中で、世界で最も大きな学会で、毎年11月末に、シカゴで開催されています。
いつか行きたいなと思っていた学会で、今回ついに参加することができました。

話題は何と言っても、人工知能(AI: Artificial Intelligence)や深層学習(deep learning)です。目白押しでした。

医用画像における「異常所見の自動検出」は、何十年も前から検討されていて、
私が研修医で放射線科にいた時、すでに話題に上がっていたのを覚えています。

それがこの数年、現実化の兆しが出てきています。

実臨床での有用性という点では、まだまだ先は長いですが、将来は、コンピューターが異常を見つけて、
放射線科医が確定する、という作業になるかもしれません(日立のウェブから、肺癌の自動検出の概念図を添付します)。

そしてこのAIブームは、放射線科医が「異常所見をレポートする人」ではなく
「診断をつける中心的な役割」であることを、再認識するきっかけにもなっているようです。

AIで仕事が効率化されることで、放射線科医は、画像だけでなく病歴や臨床検査、過去の論文などをトータルで検討した上で、
より質の高い画像診断を目指したり、より患者とかかわりを持つ時間ができると、学会長が講演されていました。


IMG_1614



IMG_1585



IMG_1564



2018-11-28082817



— posted by 千葉恒 at 10:39 pm   commentComment [0] 

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4707 sec.

prev
2018.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30