骨粗鬆症学会 プログラム-2

続いて、シンポジウムですが、

プログラムはこちらLink です。

ーーーーーーーーーーー

まずは治療
・骨粗鬆症の薬物療法 Update
・骨粗鬆症性骨折の手術療法からリハビリテーションまで

そして病態
・ステロイド性骨粗鬆症 up to date
・慢性腎臓病関連骨粗鬆症の最近の話題
・糖尿病関連骨粗鬆症にまつわる話題
・小児と女性のライフスタイル
・内分泌異常による続発性骨粗鬆症

気になる話題
・非定型大腿骨骨折の最新の話題
・顎骨壊死に関する医科歯科連携の取り組みの実際

メディカルスタッフのみなさんも一緒に
・サルコペニアとフレイルー診療ガイドラインを踏まえてー
・運動・転倒予防と骨粗鬆症
・栄養と骨粗鬆症予防
・OLSについての最新の話題

そして画像評価
・CT画像からみた骨粗鬆症の病態と治療評価

ーーーーーーーーーーー

近年重要視されている、ほとんどの話題を網羅できたと思っています。
全部聞きに行きたいな、ほんとに。

「骨粗鬆症性骨折の手術療法」では、同僚の田口憲士先生がシンポジストで登場します。
「CT画像からみた骨粗鬆症の病態と治療評価」では、伊東昌子会長とSteven Boyd 先生のお話が聞けます。

つづく

— posted by 千葉恒 at 09:27 pm   commentComment [3] 

この記事に対するコメント・トラックバック [3件]

Up1. やまなか — 2018/09/10@21:30:57

お疲れ様です。
今回は千葉先生の地元学会の開催で、今からワクワクが止まりません(笑)
プログラムも確認させて頂きました。
最終日の朝イチの先生のお話も気になりますが、土曜日の「ロールモデルに会いに行こう」が凄く興味があります。
事前参加登録が必要なようですが……………
どうしたら参加できますか?

2. ちば — 2018/09/11@12:37:09

「ロールモデルに会いに行こう」に興味を持っていただいて、ありがとうございます。
申し込みが少なかったどうしよう、、と心配しているところでした。

著名な先生を囲んで10人規模の座談会なのですが、キャリアや学術的な質問もできますが、裏テーマとして自分を覚えてもらうチャンスでもあります。是非ともネットワークを広げてください。

申し込みはホームページ上ですることになっています。
まだ始まっていません。近々、開始する予定ですよ。

3. やまなか — 2018/09/13@10:50:50

千葉先生
お忙しい中での返信ありがとうございます!
そうだったんですね。
著名な先生方なので、せっかくの機会ですし参加出来たら是非と思っておりました。
またホームページを確認して申し込みさせて頂きます。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.6321 sec.

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30