骨粗鬆症学会 プログラム-4

「ロールモデルに会いに行こう」は、本学会の新しい試みで、下記が企画文面です。

「憧れているけど、なかなかお声掛けできない、と日ごろ思っているロールモデルに直接会って懇談する場を設けます。ロールモデルのキャリア形成・研究の道中での苦労話を聞き、研究へのアドバイスをもらえる絶好の機会ですので、ぜひ楽しみにしてください。」

個室で10名ぐらいでの座談会で、事前登録制です。近々、ホームページで申し込みを開始します。
(9/21に開始しました!こちらLink 。)

ロールモデルの先生方は、、

宗圓 聡 先生 (近畿大学医学部奈良病院 整形外科・リウマチ科) リウマチ学
杉本利嗣 先生 (島根大学医学部 内科学講座内科学第一) 内分泌代謝学
竹内靖博 先生 (虎の門病院 内分泌センター) 内分泌代謝学
山本智章 先生 (新潟リハビリテーション病院 整形外科) 骨形態計測、リエゾン
吉村典子 先生 (東京大学医学部附属病院 22世紀医療センターロコモ予防学講座) 疫学
田中 栄 先生 (東京大学大学院 医学系研究科 整形外科学) 骨代謝学
池田 聡 先生 (健愛記念病院 整形外科) リエゾン
斎藤 充 先生 (東京慈恵会医科大学 整形外科) 骨質、コラーゲン架橋
網塚憲生 先生 (北海道大学 歯学研究院 硬組織発生生物学教室) 組織学 
辻 直樹 先生 (中外製薬株式会社) エルデカルシトール開発
中村泰朗 先生 (旭化成ファーマ株式会社) 週一回投与テリパラチド開発
南出敏臣 先生 (小野薬品工業株式会社) ミノドロネート開発

エディロール、テリボン、リカルボン・ボノテオは日本で開発された薬です。
開発リーダーである企業人の話が聞けるのも非常に面白いと思います。

つづく

— posted by 千葉恒 at 09:59 pm   commentComment [0] 

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.6019 sec.

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30